えんぴつ

先日スペイン土産で頂いた鉛筆と、鉛筆柄のクリアファイル。

どうも私は「えんぴつ」というイメージがあると知人に言われた。
なんだそれ!?と思いながらも確かにこだわりは強い。大人になると使用するのはボールペンやマーカーで、純黒鉛からなる鉛筆を使用する機会はほとんどなくなる。しかし、私は仕事柄スケッチをする。勿論パースや図面はパソコンで作製したりするが、アイデアを考える1番最初は鉛筆から始まる。だからこれまで様々な鉛筆を使用してきた。そのお陰で多少なりとその違いも分かるのである。
先ずは鉛筆本体の太さとカタチ。六角形から三角形までの角形や円形、楕円など以外と色んなカタチがあり、太さによって持ち易さが全然違う。そして芯の太さと硬さと濃さ。私がよく使うのはBから2Bで、濃い方が柔らかい。ただ同じ2Bでも硬さと言うか、滑らかさは結構ちがうもので、実はこれがいちばん描きやすさに影響するのかも。。
長々と話しましたが、皆さんもたまには鉛筆片手に自由な発想を描いてみては??