カッティングボード

カッティングボードってご存知ですかー?
よくまな板でしょ! と言われますが少し違います。

日本で言うまな板とは、調理する際に包丁で切る為の板です。ですから良いまな板は程よい硬さで包丁にも優しく、切った食材がこぼれ落ちない様、ある程度の広さも必要になってきます。

ではカッティングボードとは、元々海外でハムやチーズを乗せる為の器で、木製の食器の様な感覚です。乗せる面がフラットなので、その上でカットする事も出来るという訳です。

説明が長くなりましたが、今そのカッティングボードのプロデュースをしています。
製作のみ依頼していますが、デザインからロゴ、パッケージまで全て私自ら監修し、販売もしていこうとしております。
しかし既に世の中には様々な種類のカッティングボードが出ており、その中で唯一無二の商品を生み出し、売っていくのは至難の事です。

今回製作をしている工房さんには他にはない独自の「コト」があります。それを説明すると長くなるので省きますが、それを生かし使い手の気持ちを考えてコンセプトを立てました。

ありとあらゆるモノに溢れた現代ですが、作るのが「人」である以上、他に無いものはいくらでも生まれてきます。今度もそんな素敵な商品をどんどん提案していきますねー^_^