再利用から生まれるデザイン

木材は良い商品を作るほど、使用出来ない材料が沢山出ます。かつてはそれで良かった時代も今は「如何に無駄なく」という事も求められます。
今回、材木屋さんから出るいわゆる廃材を上手く木取りして、カッティングボードを作ろうと思います。さすがに腐食していたり、傷んでいる箇所は使えませんが、よく切り払われるノタの部分など風合いを生かせば、面白そうなデザインになりそうです。全て違うカタチをしているので、ひとつひとつ、木を見て描いていかないといけませんが、出来上がりが楽しみです^_^