岐阜県の木を使うということ

私は岐阜県の証明材使用の許可を得ていますが、証明材って何?同じ木なのに何が違うの?と思われる方も多いと思います。
かつて木材は木こりが一本ずつ切り倒し、何年も乾燥させて初めて、材料として使用してきました。しかし機械産業が発達し、平地に生える木々は大型の重機でまとめて伐採し、機械でいっきに乾燥、製材するようになりました。おそらくよく目にする木材は、そのように加工されたものがほとんどです。
勿論それが悪い木という訳ではありません。でもこの岐阜県では山が多く、大型の重機は山に入れない為、昔ながらの伝統と技術を駆使して森林を切り倒します。
その分どうしてもコストがかかってしまいますが、職人が見極めて切り倒した木材は質もよく、長く使用する事に向いています。それを管理した木材を岐阜証明材と呼びます。
もちろん海外にも素晴らしい木は沢山ありますが、岐阜県では「地元で採れた木を使おう」という動きがあるのでこの制度があるのです。
何か一つくらいは証明材のモノがあっても良いですね〜^_^