オーダー家具の価値

これは先日納品した本棚です。
結婚をして新築を建て、いずれ子ども部屋になる所に、本棚を置きたいという事で私は現場寸法を測りに行き、お客様の要望や予算などを伺い、後日いくつか提案してと、スムーズに話は進んでいきました。
所が写真では隠れているのですが下の方にテレビの線とコンセントがあり、子ども部屋として使用する時にこのコンセントを使用するのではないかと感じました。打合せでは特に何も言っていなかったのですが、数年先にそうなった時に使えるようにしてあげたいと思いました。
そこで提案したのがこの本棚です。この本棚はビスを外せば簡単に棚板を取り外す事ができ、テレビボードとして使用できます。デザインはいくつかスケッチをしてイメージは出来ていましたが、簡単に取り外しが出来る仕組みと強度の面で随分悩みました。工場の職人さんとも打合せを繰り返し、お客様に提案したら、なるほど!と。まさかそんな事が出来るとは思ってもみなかった様でとても気に入ってくれました。
私が家具を考える時に大事にしているのはお客様が何を望んでいるか、です。それは口頭で言った事だけではありません。言われたものを作るのは当たり前。お客様が何を大切にしているか、家具デザイナーとして言われた事を踏まえそれ以上のものを提案する事こそが、私の仕事の本質であると思っています。
世界にたった一つだけ作るので決して安い買い物ではありませんが、それ以上の価値を提案する事で、安く感じることもあります。
もちろん雑誌に載ってる、こんな家具を作って欲しいという方も見えますが、それでもサイズや素材など、そのお客様の為だけに考えて提案する事で、それはオリジナルとなります。
苦労は絶えませんが、本気で向き合って提案した家具はお客様の心を満足させます。今後も私に出来る最高の家具を常に発信していきたいと思います。